おすすめグッズ

面倒な掃除不要!象印のスチーム加湿器購入レビュー・安全性比較【シンプルライフ・子育て家庭におすすめ】

冬が来た!乾燥するぞ!加湿加湿!と、加湿器を取り出していざ使おう!とした際、内部のあまりの汚さにぞっとしました。

今回はスチーム式加湿器の掃除方法と、ほぼ掃除要らずの加湿器に買い換えましたのでそのレビューをお届けします。

インフルエンザや風邪予防にはとにかく加湿!

ウイルスが蔓延する乾燥が厳しい冬は、しっかりとした加湿が必要。

50%以上の加湿でインフルエンザをはじめとするウイルスの生存率は急激に低下するといわれています。

病気の予防はもちろんのこと、朝起きて喉が痛い、目が痛い等のカラダの乾燥もちょっとしたストレスです。

特に小さなお子さんや年配の方のいる家庭では加湿器は冬の必須アイテムではないでしょうか。

www.na-make.com

www.na-make.com

我が家でも毎年加湿器愛用しています。

これまでいくつか加湿器を使用してきました。

超音波式加湿器はオシャレな物も多いですが、雑菌が心配&高性能なものは価格が高いこと

気化式加湿器はあまり効果が感じられなかったことなどから、スチーム式を愛用していました。

加湿器には様々なタイプがありますが、しっかりと効果が期待できるスチーム式がおすすめです。

が、加湿器の難点は掃除が面倒なこと。

わたしのようなズボラな主婦にはそんな面倒な掃除、できませんでした。

加湿器の掃除頻度は?フィルターは早ければ2日でお掃除が必要

びっくりしたのが、通常加湿器のフィルター掃除の目安が1週間に1回。ということ。

え………。

さらに、水質や使用時間、室内の湿度などの環境要因によりなんと、2日でお手入れが必要な場合もあるという一文が…

えぇ………。

さらに加湿器はフィルターを使用する物も多く、使用環境によっては1シーズンに1回はフィルターの交換が必要です。

交換されないまま数シーズン使った加湿器のフィルターは悲惨な事に…

お見せできないのが残念なほどの悲惨さでした。

頑固な加湿器の汚れ!掃除方法とは?

もちろん、見た目に見える部分の拭き掃除はしていました。

が、その内部まで部品を外して掃除をする必要があるなんて知りませんでした。

フィルター以外にも、白い粉の汚れと、茶色い塊汚れ…その正体。

スチーム式加湿器の場合、水道水を加熱→蒸気が発生する仕組み。

その際の残留物として、スケールと呼ばれる汚れが付着します。

我が家のフィルターは酷すぎてお見せできない為、こちらをご覧下さい…

f:id:na-make:20181216012300p:plain

出典:三菱重工冷熱

カルシウムや鉄分などの残留物が石のように結晶化したもの、それこそが、白い粉や茶色い塊汚れです。

この結晶がフィルターだけでなく水が通る管の中にも発生し、鍾乳洞のようになっていました。

水道水自体が原因なのでこまめにお掃除する他、綺麗を維持する方法はありません。

スチーム式加湿器のカルキ汚れの掃除方法

掃除の際に準備するもの

①食品用の重曹

②バケツや洗面器

③歯ブラシ

④ウエスやキッチンペーパー

通常掃除の手順

①フィルターをもみ洗い

②ウエスやキッチンペーパーで内部の拭き掃除

③から拭き

これが通常の1週間に1回の掃除手順です。

が、これをサボったら悲惨な事になります。

本気掃除の手順

①重曹水を作る(重曹20㌘に対しお湯200ml)

②フィルターを重曹水に浸して装着→さらに重曹水をかける

③通常通り水を入れ加湿器を稼働

④歯ブラシで擦る

⑤これを綺麗になるまで繰り返す

⑥重曹の付いたフィルターをもみ洗い

⑦全体を拭き掃除

⑧から拭き

掃除、しんどい、とてもじゃないけど無理でした。

より詳しく知りたい方はこちらから!

https://www.mhiair.co.jp/contents/05-house/pdf/kasitsu_scale2013.pdf

加湿器の掃除は超絶面倒!子育て中は無理!

知れば知るほど加湿器の掃除が超絶面倒な事が判明し、わたしはすっかり意欲を失いました。

そこで探したのが、パワフル加湿が可能でお掃除が簡単な機種

おしゃれさよりも、機能に重点をおいて探し、いくつか見た中でもレビューでも評価の高かった、【象印のスチーム加湿器】を購入することにしました。

買い換え!面倒な掃除不要な象印のスチーム加湿器

象印の加湿器とは

電気ポットで有名なメーカー象印らしく、電気ポットにそっくりの加湿機。

水入れしていてもなかなか一杯にならない程の大容量のタンクですが、円筒形の効果かあまり大きく感じません。

見た目にもまあ、シンプルでしょう。※シールを剥がせば

f:id:na-make:20181219020632j:plain

わたしが購入したのは、象印スチーム式加湿器EE-RN50-WA 

象印スチーム式加湿器のメリット!おすすめポイント

  • 掃除は2ヶ月に1度のクエン酸洗浄のみ。
  • フィルターがなく、掃除箇所はタンク内だけ。
  • パワフルスチーム加湿。
  • タンク大容量で水の入れ替えがラク。

象印加湿器のデメリット、安全面を検証

我が家には、3歳と5歳の子供達がいます。

これまでもスチーム式加湿器を使用していましたが、

スチーム式加湿器のデメリットの1つに蒸気が出るため安全面での不安があります。

いくら、お掃除簡単で加湿力抜群であっても、子育て中の家庭ではこれはネックですよね。

実際に蒸気を触ってみました。

f:id:na-make:20181219015152j:plainf:id:na-make:20181219020742j:plain

実際に蒸気がでた状態で、蒸気に手を当てこれまで使用していた加湿器(三菱 SV-S30D-Wの旧型)と比較してみました。

写真左が象印、右が三菱です。どちらも手を当てて熱くない場所で撮影しました。

三菱 SV-S30D-Wの旧型の場合

f:id:na-make:20181219014641j:plain

吹き出し口の温度は70度と記載されています。

が、吹き出し口が4cm程度と狭い為、比較的高温のスチームがダイレクトに当たります。

蒸気の温度も高いので三菱製の方が危険度が高いと感じました。

  • 吹き出し口から1cm以内で触った場合、触ってすぐ手を引っ込めたくなる程度の熱さに。
  • 吹き出し口から10cm離れてようやく耐えられるかんじ。

象印スチーム加湿器の場合

f:id:na-make:20181219014735j:plain

吹き出し口付近の温度は65度と記載あります。

他製品に比べ温度が高そうなイメージがありましたが、三菱の加湿器に比べ象印のスチーム加湿器は吹き出し口の蒸気の温度は低いんです。
また吹き出し口が広く蒸気がふんわりと広がって出てくる為、近づいて触ってもそれほど熱さは感じませんでした。

  • 吹き出し口から1cm以内で触った場合、短時間であれば熱い!というほどではない。
  • 吹き出し口から10cmも離れれば、熱くもなく美顔器として蒸しタオル代わりに使えそうなかんじ。 

スチーム式加湿器、子供への安全面はどうか?

本体もずっしりとしており、安定した場所に置けば倒れることはありません。

これは主観になりますが、子供が蒸気を触ってしまったとしても火傷する可能性は低いように思います。

というのも、象印のスチーム加湿器の場合、吹き出し口がかなり広め。

ふんわりとした蒸気が広がっているので記載されている温度より低く感じました。

また万が一、本体が転倒した際にもお湯がもれるのを最小限に抑える機能つき。

さらにチャイルドロック機能など安全への配慮もバッチリです。

我が家の3歳児、5歳児には大きな危険は無いように思います。

より低年齢の子供さんがいる場合でも、ストーブやガスコンロなどと同様に手が触れない工夫をしたり、安全な場所におけば問題ありません。

肝心の加湿性能は?

6畳和室40%の状態で3時間稼働してみて、湿度を比較してみました。

象印スチーム加湿器を3時間稼働後の湿度はなんと、55%!

大満足です。

別日に同じ条件で使用した三菱の加湿器は少し低い48%でした。

しかしかなり古い型であることや、フィルターが結晶化しているため、性能に差があるかどうかは不明です。

タンクの水は、三菱が4時間で水切れ。

象印は6時間稼働で水切れしました。

最大モードの使用でしたので、低出力の場合はもっと長時間使用可能です。

象印スチーム加湿器を実際に使ってみて感じたデメリット

  • 稼働音がやや気になる→「湯沸し音セーブモード」に変更し解決
  • 湿度計が搭載されていない→TANITAの湿度計で解決
  • タンクが大きすぎる→水の入れ替えが少なくてラッキー
  • 蒸気が出るまで15分かかる→その分その後の巻き返しがすごいのでok

はじめはデメリット?と感じたこともありますが、おおむね解決したので現在は気にしていません。

稼働音については、炊飯器や、電子レンジ程度の音ですが寝る際には少し気になります。

寝る1時間前からフルパワー加湿をし、寝る際にはセーブモードにしています。

象印のスチーム加湿器まとめ

  • 蒸気の温度は手で触れる程度なので安心
  • 子供がいる家庭でもおすすめできる
  • 加湿性能は大満足
  • デメリットも解決可能
  • 掃除超絶ラク

つまりおすすめです。ご検討中の方はぜひどうぞ。