映画とドラマ

Netflixの巨大化しないウルトラマン観てみたよ【特撮素人のネタバレ感想と全13話のあらすじ】

特撮好きじゃなくても楽しめる?4月1日にNetflixで公開されたフル3DCGアニメULTRAMANを視聴してみたのでレビューします!

ウルトラマンも特撮もヒーロー物も特別好きではありません。映画やドラマを見ながら仕事をして早数年。何でも観ています。但し、面白くないものはすぐに脱落。

このウルトラマンはNetflixで押されていたので興味本位で観てみました。意外と面白く、全話一気見しましたので感想と見どころをご紹介します!途中ネタバレを含んだり含まなかったりしますのでご注意ください。

【おすすめ順ランキング】wowowドラマ・名作日本ドラマ7選【hulu・アマゾンプライムビデオで無料視聴可能】/ このドラマがすごい!大人に観て欲しい高クオリティドラマ! これまでもhuluやアマゾンプライムで視聴できるドラマや動画、映画をご...

アニメULTRAMANの概要

2019年4月1日、Netflixにて世界同時独占配信!

監督を務めるのは攻殻機動隊で有名な神山健治さん。海外での評価の高い神山健治さんとCGで知られる荒牧伸志さんとタッグを組み世界同時配信される話題の作品です。

イベントで登壇した監督からは「スタッフ全員で2年くらいかけて作り上げてきたものが配信されるので楽しみです」との発言もあり、かなりの時間と技術で作られた作品であることがうかがえます。

タイトル 『ULTRAMAN』
話数 全13話
原作 円谷プロダクション、清水栄一×下口智裕(「月刊ヒーローズ」連載)
監督 神山健治×荒牧伸志
音楽 戸田信子×陣内一真
制作 Production I.G×SOLA DIGITAL ARTS
CAST 早田進次郎/木村良平、諸星弾/江口拓也、北斗星司/潘めぐみ、早田進/田中秀幸、佐山レナ/諸星すみれ、井手光弘/魚建、エド/牛山茂、ジャック/竹内良太、遠藤庸介/花輪英司、倉田/関戸博一、白石/白石稔、アダド/津田健次郎、エースキラー/平田広明、ベムラー/曽世海司
主題歌 OLDCODEX「Sight Over The Battle」

アニメ『ULTRAMAN』公式サイト

ULTRAMANとは

かつてこの世界には〈光の巨人〉と呼ばれる存在がいた。やがて〈光の巨人〉はその役目を終え、遠い宇宙にある自らの故郷へと帰還し、同化していた地球人はそれまでの記憶を失うことで自らの在るべき場所へと戻っていった。ウルトラマンの存在は過去のモノとなり、科学特捜隊日本支部もその役割を終えて、光の巨人記念館へとその姿を変えていた。早田進次郎は多感な思春期を過ごす高校生。だが彼は、自分が驚異的な跳躍力や頑丈な肉体といった人間離れした“普通”ではない力を持っていることを自覚していた。そんなある日、進次郎は父・早田進が、かつてウルトラマンであったことを知る。そしてウルトラマン無き地球に暗躍する宇宙人たちの存在も。進次郎は、秘匿組織として健在する科学特捜隊の井手によって開発されたウルトラマンスーツを着用できる数少ない適合者だった。「単刀直入に言おう――キミにウルトラマンになってもらいたい」

NetflixのULTRAMANは巨大化しない?

アメコミ好きな方やアメコミ原作の海外映画が好きな方向けのリメイクかなと思ったんですが、このウルトラマンは全く違いました。

原作は【月間ヒーローズ】連載の人気コミックス。初代ウルトラマンの息子が父から受け継いだ高い身体能力を活かして異星人等の敵と戦うという独自のストーリーです。

巨大化はせず、「ウルトラマンスーツ」という強化装甲を身に着け、地球侵略を企む宇宙人に立ち向かいます。

巨大化しないながらも、戦闘シーンのCGは一見の価値あり!迫力満点です。

ULTRAMAN はこれまでのウルトラマンとは別物?

巨大化しないので、ウルトラマンらしさはありません。見た目にもウルトラマンよりむしろメカ!といったかんじのビジュアルです。スペシウム光線など要所要所は若干ウルトラマンを引き継いでいます。

対する敵もほとんどが人間サイズ。しかし街中で巨大怪獣が暴れる回もあります。

が、ハッキリ言ってウルトラマンとは別物です。

変身後のウルトラマンとしての姿はほぼアイアンマン。主人公のビジュアルはGANTZぽく、ストーリーはスパイダーマンっぽい。

どちらかというと、アメコミ原作映画や、GANTZのようなアニメが好きな方向けだと思います。

ULTRAMANは子供は観られる?

特撮好きの子供さんにはちょっと難しい表現が多く、グロテスクな部分もあるのであまりおすすめは出来ません。小学校高学年からなら楽しめそうです。

全13話の簡単なあらすじと感想(ネタバレ注意)

各回、23分程度なので全話見ても半日かかりません!6時間程で軽く見ることができます。

1話【この地球にあってはならない力】

ウルトラマンが役目を終えてから十数年後、早田進は地球に迫る新たな危機を知る。そして彼の息子、進次郎は、超人的な力の兆しを見せ始めていた。

主人公の進次郎の子供時代から物語はスタート。ストーリー展開のテンポのよさにぐいぐい引き込まれます。

その後、高校生に成長した進次郎が登場。自ら持つ特異な身体能力を認識し高校生活を送っています。

2話【逃れられない運命】

プロとスーツに身を包んだ早田は、進次郎を襲うベムラーに立ち向かうが、窮地に追い込まれてしまう。父を救うべく進次郎は大きな決断をする。

まさかの父親のスーツ姿。でもカッコイイ。 戦闘シーンのCGの迫力がすごくまだまだ引き込まれる展開です。

3話【ウルトラマンやるのも悪くないかも】

ベムラーの後を追うように、地球では異星人達が暗躍を始めていた。それを知らされた進次郎は、科学特捜隊のエドからウルトラマンに「なるよう頼まれる。

軽いかんじでウルトラマンになる進次郎。

4話【リミッター解除!】

闇に隠れて人間を襲う、恐ろしい異星人を抹消する任務に就いた進次郎。だが、異星人は市街地へと逃走し、多くの人々が戦闘に巻き込まれてしまう。

進次郎も軽ければ、一般人も軽い。スマホで撮影したりと今風の演出。

5話【異星人の街】

奇怪な殺人事件が多発し、科特隊は異星人による犯行だと断定。諸星は、異星人達が暮らす隠された街を訪れ、事件の手がかりを求めて情報屋に接触する。

セペック星人やトリアス星人が人間に扮した様子が描かれています。ピグモンみたいなイガルという異星人が登場します。

6話【ウルトラマンという呪い】

進次郎は凶悪な異星人の抹殺にためらいを抱き、その様子に諸星は憤りを隠せない。早田は、ウルトラマンとして戦うことの意味を息子と語り合う。

遂に刀を使う第2のウルトラマンが登場する諸星弾がカッコイイ回。

7話【秘められた思い】

街で暴れる大型の異星人から人々を守るため、ついに進次郎は迷いを捨て、潜在能力を開花させる。大切なライブに挑む佐山レナに、危険が迫っていた。

ウルトラマン、遂に飛びます。

8話【真実の幕開け】

レナのライブ会場にアダドと名乗る異星人が現れ、ウルトラマンと戦闘を開始。その最中、突如としてベムラーが現れ、自体はさらなる混乱に陥ってゆく。

ウルトラマン2体とベムラーや異星人のメカメカしい戦闘シーンがカッコイイです。ドラゴンヘッドののぶおのような気持ち悪さを持つアダドと名乗る異星人も良いですね。異星人にはCGの不自然さが合っています。

異星人は必ずしも悪い人ばかりではなく、逆に人間の醜さが浮き彫りとなった回でした。

9話【はじめまして、兄さん】

ウルトラマンの正体を知る下級生に出会い、動揺する進次郎。戦闘中に追い詰められた彼を助けに現れたのは、世間で話題の第3のウルトラマンだった。

弟系美少年キャラクターが登場。当然第3のウルトラマンですね。アタッシュケースを持ち、アトムの様なロケット噴射で空を飛ぶウルトラマンが見られます。

マネージャーとレナさんの会話なんかは相変わらず白々しい。

10話【星団評議会】

北斗は、自分を科特隊で雇って欲しいと直訴。動機を聞かれた北斗は、異星人が姿を隠すことなく地球で暮らせる日を実現させる為に戦いたいと語る。

まさかの弟系美少年キャラクターの北斗は異星人?と思いきや、異星人に育てられた人間でした。この物語のテーマとも言える、異星人との共存。北斗がどうかかわっていくのか、気になる展開です。

11話【そのままの君でいて】

北斗は、ウルトラマンの力の扱い方を巡って進次郎と激しく火花を散らし、さらには諸星にも戦いを挑む。レナは、ウルトラマンへの思いを進次郎に託す。

ウルトラマン同士の戦いが見られる回&レナと進次郎のトキメキ回では遂に正体がバレました。物語がどんどん展開されていきます。

12話【エースキラー】

12年前の航空機爆破事故の実行犯を追う北斗。危険の中に飛び込んで言った北斗を救うべく、諸星と進次郎、そして科特隊の部隊は現場へと急ぐのだが…。

北斗の使命。甲殻系異星人ヤプールおじさんと北斗の親子愛。糸をひくエド…ボロボロになったウルトラマンと調子の良いおふざけ口調のラスボス、エースキラーの戦いが始まりいよいよ佳境です。

最終回13話【本当のウルトラマン】本気のネタバレ入り

ボロボロになりながらも、エースキラー率いる部隊に立ち向かう進次郎、諸星、北斗。絶望的な状況に追い詰められたその時、ついに進次郎が覚醒する!

ボロボロだった諸星と進次郎がガンガン動き出します。なぜ最初からその強さを出さないんだろう…と思うくらい強いです。見せ場が多く、迫力満点です。

中盤では北斗と夕子ちゃんの話…あれ?これ北斗が主人公だっけ。盛り上がる〜〜〜最後はロックマンに…

そしてタイミング良く進次郎の覚醒。おじさん2人もびっくりしています。そしてリミッター解除(ウルトラマンの設定である3分のタイマーが発動)スペシウム光線でフィニッシュ。

エド大喜び。北斗虫の息…死んでしまうのか?心臓串刺しだったからね…

ここでベムラーさん活躍。スペシウム光線を出し宇宙船が登場。北斗を連れて行きます。

ジャックにヤプールおじさんがさらわれます。そこヘリが現れ…

月日が経ち、カフェでコーヒーを飲む進次郎。レナと連絡を取っていたとき、誰かに電話で呼ばれウルトラマンに変身し飛び立って行きます。

ここで終わりです。

北斗の生死や、ジャックにさらわれたヤプールおじさん、異星人との共存など様々な謎は次シーズンへ持ち越しかな?といった感じのエンディングでした。

ULTRAMANのみどころは?3DCGアニメってどう?

戦闘シーン・変身シーンのCGは一見の価値あり!

見どころは変身シーンや戦闘シーンのかっこよさ。フル3DCGということでお金と時間と技術がかかっている感じが伝わってきます。

個人的に好きなのは音響

予告編でも使われていた少し怪しいサウンドや、ゼットン星人のしゃべりにかかったリバーブなど奥行きのある音響が魅力的でした。あまりの迫力にボリュームを下げてしまったほどです。

オフィス使用にもおすすめワイヤレスヘッドホン|自宅で観るドラマや映画が映画館並にハイクオリティに【Bose QuietComfort 35|類似品比較|レビュー】 つ、ついに購入しました。Bose QuietComfort 35 WIRELESS HEADPHONES II 毎日の仕事への集中...

ストーリーは?キャラクターの魅力は?

当初は戦隊ものを彷彿とさせるストーリー展開ですが、後半になるにつれアニメらしいファンタジー要素が強くなります。欲を言うならもう少しでいいので重厚な大人向けのストーリーだといいのになあ。と感じました。

主人公の進次郎が覚醒するまでの物語といいこともあり、序盤ウルトラマンになる動機も軽く、高校生という設定からか幼くあまり魅力を感じません。

ULTRAMANの魅力は主人公進次郎よりも周りのサブキャラ。

中でも諸星弾のクールなかっこよさ、北斗の謎めいたキャラクターなどに物語全体が救われているように思いました。魅力的なキャラクターがいる事はドラマ、アニメ、映画の重要なポイントです。

個人的には、父ハヤタ隊員はじめとする、登場人物の渋いおじさま達!舘ひろしさんや山崎努さんを彷彿とさせる存在感!哀愁があっていい味出していました。

フル3DCGアニメの難しさ

フル3DCGが裏目に出たのが、日常シーン。全体的にゲームムービーっぽい雰囲気です。

モーションキャプチャーで役者さんが演技されているんですが、動きが大げさなことや芝居がかっていること+アニメ声がかなり不自然に感じてしまいます。戦闘シーンだけCGで普段は実写、織り交ぜた方が合うような気がします…

また、主人公の若いノリと動きや声がCGだからか、少し白々しく感じてしまいました。

5秒で読めるULTRAMAN感想・評価

  • 変身シーンカッコイイ
  • 戦闘シーンカッコイイ
  • 日常シーンちょっと残念
  • 諸星弾カッコイイ
  • おっさん渋い
  • ストーリーは第1話と、北斗登場の後半からが熱い

CGや特撮系が元々好きな方、戦隊ものが好きな方には、最新の技術と著名な監督の作品であることからも、一度は見ておくべき作品かなと思います。その他の方がなんとなく観るには序盤少し辛いかもしれません。

最終回に近づく後半に入ってからは、ながら聞きをやめ真剣に見入ってしまいました。CGの違和感はありますが、トータルで見ると充分楽しめる作品だと思います。

ULTRAMANシーズン2の公開は?

ラストの終わり方を見ても、これは間違い無く今後シーズン2の公開も予定されていると思います。

が、今回のULTRAMANの制作に2年かかったとの監督の発言もあることから、次回作の公開は早くても1年以上先になるのかなと予想しています。