ナマケモノの日々

ズボラな主婦の楽する暮らし

【9月は防災月間】防災セットは買わない!自分にあった防災グッズを見極める|豆知識・購入リスト有|代用出来る?出来ない?

9月1日は防災の日です。

9月は防災月間として、防災用品の準備や心構え、覚えておきたい豆知識、賞味期限のチェックなど、今一度防災について考えてみませんか?

今回は、防災セットを買うか悩んでいる方に、自分自身で本当に必要な物を見極めていただく為に、我が家で購入し準備しているシンプル防災用品をご紹介します。

一番大切なのは防災グッズじゃない。知識。

防災グッズを準備!といっても、よく売られている防災グッズが一式入ったリュック。

これは一番買わない方が良いと思います。

それよりも自分の暮らす地域でどのような危険があり、どのような対策が本当に必要か。我が家に必要な物は何なのか。

考えて勉強することが一番大切だと思います。

 

防災用品で必要な物を必要な順に最低限のリストにしました。

一人当たり1日2リットルは必要です。

少なくても2リットル×家族の人数×1週間分をストックしておくのは必須です。

また、飲み水以外の生活用水を確保するためにも、日頃から浴槽に水を貯めておくとgoodです。

被災後すぐであれば水が出る場合もあるため、まだ水が出る場合はすぐに貯めておくことが大切です。

非常食

非常食は調理不要ですぐに食べられるもの。

一番良いのはお菓子。特に子育て家庭であれば、子どもは甘い物を食べると落ち着きます。日持ちもしますし、カロリーも充分。

カップ麺などは実際使い勝手が悪いと思います。調理する為に、火と水さらに水を湧かす鍋など複数のものが必要になるからです。

非常時は、火も水もどちらも貴重なモノです。

ベタですが、そのまま食べてよし、直に火にかけて暖めてよし、缶詰はやはり優秀。

ウチはパン好きなのでパンにしました。

カセットコンロ

被災後すぐは簡易な食事をしますが、その後は調理する機会も増えると思います。

我が家では日常から使えるもので非常時にも使えるようにボンベを多めにストックしています。

このコンロは、屋外での使用も可能!ケース付きなので持ち運びも楽々です。

 

非常用簡易トイレ

衛生面を考えても簡易トイレはあった方が。

ビニール袋で折りたためるものが嵩張らずおすすめ。

運んだり注ぎやすい形状のものを選んでね。

 

現代を生きる我々には無くてはならないと言えますね。

イデア次第でだいたいのものは代用可能

防災の知識があればほとんどのものは代用が可能だと思います。

家に普通にあるものですが、災害時にはアイデア次第でいろいろな使い方が可能です。

サランラップ

お皿に敷いて使えば使用後はラップのみ捨てて皿洗いが不要になります。

また、止血にも使えます。

ビニール袋

トイレに設置し新聞紙などを入れると簡易トイレになります。

オムツを作ったり、骨折時には三角巾がわりにも。

ポリ袋で非常食を作るレシピなんかもあります。ポリ袋クッキングで検索してみてくださいね。

ウエットティッシュ

体を拭いたり手を拭いたり便利です。

あると便利だったとの意見多数です。

 

忘れないで!防災カード。金融情報や家族間の情報共有

www.na-make.com

それでも防災セットが欲しい方へ。

それでも、防災セットを1つ準備しておけば気分的には安心ですよね。

とりあえず持っておく。これも大切な事だと思います。

そんな時にはこちらをどうぞ。

 

忘れがちな台風対策はこちらから。 

www.na-make.com