ナマケモノの日々

ズボラな主婦の楽する暮らし

【子育て家庭向け・包装紙不要】祖父母に贈るプレゼントのラッピング方法|子供の絵を楽しむアイデア

結婚して家族が増えると、敬老の日はもちろん、義理の両親の誕生日、実家の両親の誕生日とプレゼントを贈る機会が増えました。

我が家では事前に贈り物を買っておくのですが、通販で購入した際困るのがラッピング。

ラッピングしてくれるショップもありますが、好みで無かったり、かしこまりすぎてちょっと…ということもあります。

そんな時に考えた親しみやすくて素朴なラッピングのアイデアをご紹介します。

子供の絵を使ってお絵かきラッピング!

f:id:na-make:20181130191405j:plain

毎度毎度簡単すぎてすみません。

紙袋に入れて、子供に絵を描いてもらう!だけです。

お絵かきラッピングは思いのほか好評でした。

悲しいかなプレゼント本体よりも、袋の絵を褒められましたorz

プレゼントした袋は切り取られ額に入れて飾ってくれています。

f:id:na-make:20181130192010j:plain

裏面も力作。

今回は、赤と青の2色。

はじめは娘が赤、息子が青と分けていましたが勝手に交換して描いていました。

でもそれが逆に2色刷り印刷のような味のある雰囲気に仕上がりました。

遠目には北欧のデザインっぽく見えませんか??

子供の絵はパワーがありますね。

これだけではプレゼント感が薄いので、仕上げにリボンをつけました。

制作のポイント

  • 明るい色のペンを使用する
  • 色は親が選ぶ(2〜3色だとまとまりが良い)
  • とにかくたくさん描く

今回はクラフト紙の袋を使いましたが、

白の袋にゴールドやシルバーのペンを使えばもっと豪華な雰囲気にもなります。

布製のエコバッグにギフトを入れれば、その後普段使いにも!

布製のエコバッグに布用絵の具や布用クレヨンで絵を描いて貰うのもおすすめです。

布用ボンドを使ってコラージュしても。

これならプレゼント入れて贈った後は、エコバッグとして日常的に使えます。

1歳でもできる!小さな子供の場合はコラージュもおすすめです。

まだ絵が描けない子供さんの場合は、コラージュや手形アートもおすすめです。

ぺたぺたシールを貼るだけなら、1歳児さんでもokです。

2歳児さんだと、まだまだハッキリとした絵を描くのが難しい事も。

そんな時は、丸をいろいろな色で描くだけ、線を何本も引いてボーダー柄にしたり、格子模様にしたり。

幾何学模様にすると可愛いです。

かしこまりすぎず楽しく描いてもらいましょう!

マスキングシールは貼り直しもできて扱いやすくおすすめです。 

プレゼントに思い出をプラス!

包装紙は最終的にゴミ箱行きですが、この方法ならプレゼントだけじゃなく思い出にもなります。

子供達も絵を描いてプレゼントするんだ!と楽しんで描いてくれました。

親が選んだプレゼントと一緒に贈った子供から絵のプレゼント。

祖父母にとってはとても良い思い出になったようです。

ぜひ試してみて下さいね。

おすすめの子供とお絵かきラッピンググッズ

線の細いペンで細かく描くのも良し、大胆な絵を描くのも良し。

子供さんの個性に合わせてチョイスしてください。

ビビッドなカラーを選ぶとポップで子供らしい可愛いかんじに。

シックなカラーで幾何学模様を描くと大人っぽくなります。

布用絵の具と布用クレヨン

Tシャツに絵を描いたり、エコバッグに絵を描いたりと子供とアートを楽しむ際には持っておきたい必需品!

タペストリーを作ったり、ハンカチにペイントしたりと大活躍します。

 

ポスカはどんな素材にも描ける&発色も良いのでおすすめです

いつもお世話になっているポスカさん。

やっぱり工作には欠かせない存在です。 

子供の絵を使ったアイデアはこちらから!

子供の絵が大好きで、いろいろな方法で部屋に飾っています。

お金をかけない&簡単な方法をご紹介。ぜひお試し下さい!

www.na-make.com

www.na-make.com