ナマケモノの日々

ズボラな主婦の楽する暮らし

【転園入園・慣らし保育体験談】新生活に慣れるまでの子どもの様子と注意事項

f:id:na-make:20180605152813j:plain

4月から転園し3ヶ月目に突入しました。

保育園転園について数回に渡り記事を書いてきました。転園に限らず、新生活を迎えた小さなお子さんをお持ちの方には参考なることもあるかと思います。すっかり新生活にも慣れましたので、今回は転園総集編です!

 

www.na-make.com

www.na-make.com

 

転園して良かった!

現在の子ども達は、新しい友達の名前を聞くことも増え、楽しく遊んだ話などが聞かれるようになってきました!なんやかんやで保育園に慣れています!

もちろん土日明け等は少し寂しがることもありますが、これは前の保育園でも同じでした。

広い園庭でたくさんの子ども達が毎日泥だらけになって遊んでいる姿を見ると、転園して良かったな。と本当に思います。

同じく母親であるわたしも、新しい保育園のシステムや先生方との接し方にも慣れてきたように思います。コミュニケーションを積極的に取るようになり、先生方の性格や方針も理解しはじめてからは、少し前に感じていたような不安も感じていません。 

 

転園2ヶ月間の子どもの様子はこんなかんじでした。

4月(転園1ヶ月目)

1週目は慣らし保育期間。様子を見ている。泣かない。週末体調崩す。

2週間は現実を知る。登園時泣きはじめる。息子遊び相手が徐々に出来る。

3週目は母子ともにストレスや疲れが出てくる。みんな家で荒れる。

4週目は泣かない日も増えてくる。友達の名前が頻繁に聞けるようになると同時に、長男は友達との接し方で不安な点も見えて来たり。

5月(転園2ヶ月目)

1週目はGWの為イレギュラーな状態。

2週間はGW明けで前半少し不安感が出るが後半慣れてくる。

3週目は楽しんでいる。

4週目も楽しんでいる。

5週目元気快適

6月(転園2ヶ月目)

1週目元気快適

2週目元気快適←今ここ。

 

結論から言うと、新しい生活に慣れ、友達が出来て楽しみながら登園できるようになるまで1ヶ月半かかるなという実感です。もちろん子どもの性格にもよりますが、積極的な長男も、慎重な長女も1ヶ月半時点では楽しんでいるようでした。

 

注意したいのは3〜4週目。

特にわたしがナーバスになっていたのは、4月(転園1ヶ月目)3〜4週目。仕事も溜まり、ストレスも溜まり、家事に疲れ、子どもが荒れていた事や、子ども同士の接し方、先生とのコミュニケーションに不安があった為です。

この期間は、家事であればお総菜に頼ったり、掃除は手を抜いたり、仕事も控えめにし、今困らない事は後回しにして、余裕重視で行けば良かったな〜と反省。自分に余裕があれば、闇雲に不安にならず子どもを信じて様子を見守ることが出来ます。完璧に家事をこなすことより、ずっと大切なことですよね。

 

積極的な長男のお友達事情。

元々保育園に通っていた子ども達にとっては「新メンバーが来た!」という物珍しさもあり息子の名前を覚えてくれていたので、朝も挨拶してくれたり、話しかけてもらうこともたくさんありました。それなのに、息子はどうもギクシャクしています。友達が来てくれても無視してみたり、逆に積極的に行き過ぎて乱暴になってしまったり。

それもそのはず、息子からすると全員知らない人なんです。名前はもちろん性格やつきあい方も何も分からない。これって大人でも不安になりますよね。その為、友達との距離の取り方が分からずちょっとした事でたびたび喧嘩のようになってしまう様子を降園時に見かけました。そして、わたしはというと先生方が喧嘩のフォローをあまりしない事が気になっていました。

今思うと喧嘩をしながら相手を知っていく期間だったのかなとも思いますが、3〜4週目はとにかく、いろいろな面で不安を感じていました。

 

慎重派の娘のお友達事情。

慎重派の娘は、上がるでもなく下がるでもなく着実に友達を増やしていきました。登園時にはとにかく離れてくれず困っていましたが、友達が増えていく事に少しずつ登園時も笑顔が増えました。女の子同士はあまり喧嘩になることもないようで、安心して見守ることができました。

ただ、環境が変わったことで見えないプレッシャーがあるのかもしれません。これまでお漏らしもおねしょも殆どありませんでしたが、1ヶ月目からお漏らしやおねしょが増え、3ヶ月目に入った今でも頻度が高いままです。暑くなり水分量が増えたことも影響しているのかもしれません。様子見ています。

 

子どもの新生活で注意したいこと。

わたしが子どもの転園を経験して一番大切だと思うのは、親が時間と心の余裕を持つ事、子どもの気持ちを子ども目線で考えることの2つ!ということで、今後に活かします!