ナマケモノの日々

ズボラな主婦の楽する暮らし

【お酒やめたい人負けるな!】何度も挫折した主婦が断酒したら良いことしか無かった

 

お酒やめたいと一瞬でも思ったら今すぐやめましょう。

お酒を飲んでいる人を否定する気はありません。飲みたい人は飲めばいい。でも、お酒をやめたい。と思っている人がいるなら、今すぐやめることをおすすめします。

すぐやめるって難しいですか?でも今日飲まなければ今日はやめることができます。明日も飲まなければ明日もやめることができます。これまでの罪悪感やストレスさえも、お酒によって誘発されている可能性もあります。現にわたしはそうでした。

お酒が無いと○○できない…と思う事のほとんどが、思い込みです。

そのストレスや罪悪感から解放されたら嬉しくないですか?

お酒を飲んで、これから先幸せになれると断言できますか?

お酒をやめて得られる満足感は、お酒を飲んで感じる満足感よりずっと質がよく、ずっと幸せです。だからどうか、諦めずに断酒してみませんか?

今回は、ブログをはじめて断酒に成功したわたしが断酒に至るまでの流れと断酒で得た効果をご紹介します。

 

晩ご飯時にお酒を長年飲んでいました。

お酒との付き合いは長く15年ほど。

社会人になってから、お酒を飲んでのコミュニケーションが増えました。

お酒を飲むと相手が喜ぶ。と思い込んでいて、飲まないとうまくコミュニケーションできないし、せっかくお酒の場を設けてくれたのに期待に応えられない!という気分になっていました。

当然お酒での失敗も数知れずありました。記憶を無くしたり、人に迷惑をかけても、お酒を飲んだら面白くなる人だと思ってもらえた。と思っていました。すみません。

はじめは無理して飲んでいましたが、そのうち家でも飲むようになりました。

妊娠中から授乳終了までは特に苦も無く禁酒していましたが、下の娘が2歳頃から再び飲酒を開始。そのうち毎晩の晩酌がやめられなくなりました。

仕事で疲れて帰宅、ご飯を作って、お風呂に入れて、絵本を読んで寝かしつけ。そのストレスを解消する為に、と理由をつけて飲んでいました。

といっても、チューハイ500mlを一缶程度。多い日には二缶。ウィルキンソンのチューハイが好きで好きで。

 

※参考画像なので、お酒好きな人はポチっとうっかり購入しないようにしてください。

飲酒量が少なくても問題だと感じることは多々ありました。

  • 習慣的に飲んでしまう。
  • 体調が悪くなってきた。
  • 太る。
  • 寝落ちしてしまう。
  • 細かな記憶がなくなる。
  • 子どもへの影響が気になる。

 

お酒やめたいから、お酒今やめるになるまで。

このブログをはじめた当初は、まだ「やめたい」と思っていた頃。ですが、ブログをはじめることで、夜寝落ちするのがすごくもったいない!と感じるようになりました。

「飲んでストレス発散したい!」と「やめたい!」の狭間の時間が数ヶ月はありました。

でもある日、もう飲まない。と心に決めました。

きっかけなんて無いんですよね。【今、やめる】と決めるだけなんです。

ブログも同じで【今、書く】と決めるだけ。人生は今しかなく、今やめればやめられるし、今やるならやれるんです。とにかく決めるだけなんだなと感じました。

 

辞めてから1ヶ月半。いろいろ変化がありました。

  • 体重が2.5kg減った
  • 三食食べるようになった
  • おやつもたまにたべるようになった
  • ストレスが減った
  • イライラしなくなった
  • 体が軽くなった
  • 時間が有効的に使えるようになった
  • 体調が良い
  • 眠りの質が上がった

 

お酒をやめて2週間程度で体重が2.5kg減りました。

現在も徐々に減っています。が、おやつを食べるようになったので減り具合は穏やか。それでもこれまでの倍以上はご飯を食べています。

お酒や、お酒の席で摂取するカロリーってすごい量だったんだなと実感しています。

 

眠りの質が上がった。

お酒を飲んで寝落ちした場合と、飲まずに寝た場合の睡眠の質は全然違います。

ちゃんと疲れが取れたと感じて朝を迎えられます。眠りの質が上がることで体調も良くなり、ストレスも減りました。

 

お酒がストレスの源だったと気づいた。

ストレス発散!と思って飲んでいましたが、お酒がストレスを倍増させていたんだと、辞めてから気づきました。というのも、お酒を飲んでいる頃は体が重いと感じていて、疲れている。といつも思っていました。

疲れているから、イライラする。イライラするから、飲んでごまかす。そんなループを絶つことができました。

ストレスについてはこちらの記事もどうぞ。

www.na-make.com

 

お酒をやめると元気いっぱいになった。

疲れたらぐっすり眠れるので、疲れもたまりません。子どもと外遊びすることや、運動も億劫にかんじていましたが、疲れやすかったのはお酒のせいだったんだと辞めて初めてわかりました。

子どもと一緒に歩いて登園するのも楽しくて仕方がありません。むしろ、運動する事がストレス発散になっています。

 

お金が浮いた。

一日500mlのチューハイを毎日飲むと30缶。多い日には2缶飲んでいたことも考えると、一月で5,000円程度の節約になっています。5,000円って少ない?と思うかもしれませんが、1年で6万、10年で60万円です。

 

お酒は百害あって一利無し。

お酒は適量であれば、問題無いという情報をみかけますが、適量であっても害があると思います。わたしの場合は適量内であったハズです。

わたしのように依存してしまいがちな人は、少なめに飲むなんて出来ず、徐々に酒量が増えていきます。特に、なにかストレスを感じるきっかけなんてあろうものなら、一気に依存症になってしまうことでしょう。

お酒やめたい。そのキーワードでここにたどり着いた方がもしいらっしゃったら、やめた方が幸せになれる。と断言します。

断酒中飲み会の席にも参加しましたが、お茶でも充分楽しめました。まるで酔っているかの気分で、楽しく会話もできました。もちろん、相手がお酒を飲んでリラックスしていることもは大きな要因です。

自分は飲まなくてもお酒の席でコミュニケーションが取れる。その経験をすることで、お酒が無いと…という思い込みから解放されたように思います。

 

断酒を助けてもらったアイテムやオススメアイテムをご紹介

重篤な場合はアルコール外来へ。

今回の記事は、あくまでもお酒による害を感じていた【アルコール依存症ではない】わたしがお酒をやめた経験です。重篤な場合は専門医へご相談ください。