ナマケモノの日々

ズボラな主婦の楽する暮らし

【酸素系漂白剤つけ置きと煮洗い併用可能】断然ステンレス製の洗い桶がおすすめ【ミニマムシンプルライフ】

つけ置き洗いオッケー煮洗いオッケー、洗い桶〜

f:id:na-make:20180702105047j:plain

毎週持って帰ってくる上履きも、水で軽く汚れを落としてから、酸素系漂白剤を入れ、50度程度のシャワーで泡立てて一晩放置。これでかなりキレイになります。仕上げにゴム部分をブラシで軽くこするだけ。

おかげで綺麗なままの上履きを維持できています。綺麗なまますぎて、サイズアウトした上履きを捨てづらいのが難点です。

 

 

浸け置き時に欠かせない、洗い桶。

一家に1つは洗い桶あるんじゃないでしょうか。

プラスチックの物が主流ですね。おしゃれで買いかけた事もあります。

 

琺瑯製の物も人気がありますよね。野田琺瑯の洗い桶なんて、素敵すぎてもう…なんどもカートに入れました。

ですが、わたしは断然ステンレスをおすすめします。

使っているのはこれ。

 

何が良いって、この桶はステンレス製なので煮洗いが出来るんです。アルミ製の鍋では煮洗いすると科学反応が起きてしまうのでステンレスや琺瑯製が推奨されています。

 このステンレス桶は、台所の流し桶なのでサイズ感も良く、琺瑯のものにありがちな割れやヒビの心配もありません。

琺瑯製のものは素敵なんですが、ひび割れたらそこから錆びてしまいます。

あまり温度が高すぎると漂白効果が落ちるようですので、沸騰させない程度に煮洗いしてくださいね。

 

多用途に使えるということは、持ち物の数が増えずに済みます。

持ち物の数が増えないということは、無駄な買い物をしなくて済むということにも繋がります。

この洗い桶、我が家では掃除をする時のバケツ代わりにも使っています。

なるべく物を増やさず多用途に使える物を愛用しています。

 

梅雨時は生乾き臭もきになりますね。

こちらの記事でおすすめの方法を詳しく比較しています。

www.na-make.com