ナマケモノの日々

ズボラな主婦の楽する暮らし

【保育園児の習い事】働くお母さんにオススメの方法

f:id:na-make:20180514151049j:plain

働く母と保育園児の習い事はハードルが高すぎる。

子どもが習い事をしているかしていないかは、専業主婦家庭と共働き家庭で大きく差があるように思います。働く母親が保育園児に習い事をさせるというのは、それだけハードルが高いのかな?と思います。

パートかフルタイムかも大きな違い。フルタイムの場合時短勤務等ができる職場でなければそもそも平日の習い事は難しく、土日にその時間を割くくらいなら公園にでも行く方が子どもの為には良いのかもしれません。

あくまでもわたしの周辺ですが、習い事をしている保育園児は2〜3割程度な感覚。もちろん祖父母の協力などがある家庭です。それに比べ周辺の専業主婦家庭では、6〜7割近くが習い事をしています。田舎なので都会とは地域差もあるでしょう。

認定こども園や独自性のある保育園などではカリキュラムの中で英語があったり、サッカーやアート活動があったりと習い事をしなくても同じような環境を補えるため、熱心な家庭では園選びに力をに入れるのでしょうね。早く気づくべきでした!残念。

我が家の子ども達の通っている園は、the 保育園。保育に重きを置いているためそういったカリキュラムは一切ありません。

でも、習い事って良いな〜と思うんです。

打ち込める物を見つける手がかりとして、体力を付けたり練習する習慣を付ける事、保育園以外で交友関係を築いて欲しい、などなど。柔軟な年齢だからこそ、身につけて欲しいなと思う事がたくさんあります。いやでも、単なる理想や憧れでもあるのかもしれません。

 

物理的に時間が作れない。

わたしはフリーランスで働いてはいますが、月曜~金曜、9時半~17時半まで仕事をしている為お勤めの方と大差ない環境です。

また土曜日や日曜日は家族で過ごす、と決めている為土日に習い事を入れることはあまり考えていません。土曜日午前なら有りかな?と思いましたが、土曜日午前はどこも満席。やはりみんな考えることは同じなようです。

となると平日しかありません。今回の習い事の場合は週1回、15時半~16時半まで。その時間をどう確保するか。夫の協力も祖父母の協力も難しい環境、頭で考えれば考えるほど無理!の結論しか出ません…なので、完璧を目指さずいくつかポイントを絞りとりあえず通ってみながら考えることにしました。

 

働くお母さんと保育園児の習い事のポイント

もちろん、何を習うか、スクールの雰囲気、施設の設備なども大切ではありますが、とにかく通える!事が一番大切です。

 

①欠席時の振り替え可能なスクールを選ぶ。

子どもの病気はもちろん、わたしの都合によっても毎週決まった時間に通うことが難しい場合もあるため、欠席した際の振り替えが可能な教室を選びました。

 

②近い場所を選ぶ。

子どもの保育園やわたしの通勤場所・自宅へのアクセスが良い場所を選びました。ゆくゆくは子どもが一人で通える場所であることも考慮しました。

 

③時間を有効的に使える周辺環境。

初めのうちは親も見学すると思いますが、慣れてきたらその時間も有効的に使いたい。今回選んだスクールの近隣にはスーパーがあったり、カフェがあったり。Wifi環境もありメールの返信や簡単な作業ができることもポイントでした。

 

④短期的な目標で通う。

短期的に会得可能な事だとハードルが下がります。英語を話せるようになるには、ある程度長期的に通う必要があります。しかし、泳げるようになるだけであればそこまで時間はかかりません。(私自身の経験から)もちろん、早く泳ぐことや泳ぎのバリエーションを会得するとなると長期的に通う必要はありますが、泳げるようになった!だけでも効果が感じられるので途中で辞めてしまってもある程度満足できると考えました。

 

⑤途中で辞めても良い。

続ける事って大切です。確かに大切です。でもハードルを下げるために、無理なら辞めても良い。そのくらいの気持ちで挑んでもいいと思います。続くかどうかは結果です。

 

保育園児の習い事は短期のプログラム物と単発のイベント物でも補える。

こうして考えて見ると、働くお母さんにおすすめできるのは【習い事】ではなく、地域の公民館や運動施設で行われている全5回で終了●●教室のような【短期のプログラム物】か単発のワークショップ系【イベント物】という結論に。

これであれば習い事をしなくても子どもの成長に応じて必要なスキルを補えたり、今後習い事に昇格する場合の体験として、良いとこ取りができると思います。

さらに大前提として、習い事をしてもしなくてもたくさんの経験をすること、家庭での接し方などからも、たくさんのことが学べます。プロを目指さない限り、小学生に上がってから、自力で通えるようになってからでも充分。

わたしの考えるような、打ち込める物を見つける手がかりとして、体力を付けたり練習する習慣を付ける事、保育園以外で交友関係を築いて欲しいといった動機であればなおさらです。

わたし自身も、幼稚園時代〜小学校と、硬筆・毛筆・そろばん・水泳・ピアノ・英会話・絵画教室…様々な習い事をしていましたが、はっきり言ってどれも中途半端でした…身になっているかも疑問です。ですが、母が毎日読んでくれていた絵本は絶対に自分のチカラになっていると断言できます。

でも水泳、申し込んでしまったのでとりあえず習ってみます。続くかなー

 

 

応援されると喜びます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村