ナマケモノの日々

ズボラな主婦の楽する暮らし

【アートや絵を売る方法】イラストの需要と供給。絵を描いて新しい世界に行こう〜

f:id:na-make:20180426141550j:plain

イラストの需要と供給について知る事ができれば、もっと簡単に絵を売ることが出来ます。今回は絵を描く人が、絵を買う人にどんなアピールをするかで売れる売れないって決まるんじゃないか?という記事です。

 

絵の価値と価格のこと。

もともとイラストレーター志望の方(漫画系か広告系かでも多少違いますが)は価格のイメージも少なからずあると思います。

が、趣味でイラストを描く人や絵でお金をもらおうとしていない人にとっては、イラストの価格ってあまり身近な話ではなく、[絵が描けること]自体の価値にも気がついていないように思います。

わたし自身もデザインの仕事で、イラストが必要になりサラリーマンの友人に何度か依頼したことがあります。リアルなタッチで基本的なデッサン力が必要だったのですが、わたしにはデッサン力がない。その友人はもう、とてつもなく上手いんです。でもサラリーマンしてます。

なので、イラストを描ける人やこれまで絵を描いてきてデッサン力がある人、そのスキル意外と活せるよ!と思うわけです。

たとえば、ココナラとか。

 

本業イラストレーターじゃなくても需要はある。

イラストレーターを本業でやっている人のように、個性があって、センスと技術のある人だけが需要があるのでしょうか?

実際は、広告の世界だけでもいろいろなクライアントがいるので当然いろいろな要望があるんです。価格の事、使い勝手の事、納期のこと、テイスト、デザインとの相性などなど。いろんなバランスで成立しています。

つまり、求められるのは一流のおしゃれでかっこいい、最先端のイラストだけではない。だからこそ、フリー素材や素材集もたくさんの方に利用されています。

イラストってとても力があります。このブログだってイラストが無かったら、誰も読んで貰えないかもしれません。イラストが1つあるだけで、ぐっと読みやすくなったり、親しみやすかったり、わかりやすくなったり、イメージが膨らんだり…いろいろな効果があって、その効果を使いたい人は広告業だけでなくたくさんいるハズ。

あなたが自分の事をスゴイ!!って思わなくても、あなたの描く絵をスゴイ!!って思ってくれる人になら、イラストって売れます。

 

便利なツールを使って気軽にかこう!

現在は、スマホタブレットを使ってイラストを描くことも可能になりました。便利ツールを使えばデータ化も簡単!手間がかからないので制作時間も削減できます。まあ、初期投資は必要ですが。制作に対するハードルがちょっと下がります。

描いて消してもワンタッチ、絵の具のように色むらも出ない。逆に質感を出したければ、鉛筆風や水彩風に着彩することもできます。撮影した写真をトレースしてイラストにしたり、絵を描く技術がなくてもイラストが描けちゃいます!すご!

また印刷物とは違い、WEBで使う場合はスマホタブレットの解像度でも問題ありません。だからこそ、気軽に描いて気軽に使えるようにもなり個人でイラストを発表する人も増えたように思います。

詳しくはこの記事にも書いています。

  

フィールドを変えろ!

インスタやイラストACとかクラウドソーシングとかブログとか。今は個展をしなくても、絵を見て貰える機会がたくさんあります。

趣味で描くにしても、誰かに見てもらえたら嬉しい。絵でお金をもらうほど欲が無い人もいますが、お金という価値だけでなく、必要とされる事、喜ばれる事の中にも価値はあります。つまり、フィールドを変えろ!ってことです。

絵を描くのが好きならば描けるのならば、とにかく知って貰えればラッキーだと思って、絵を発信してみたらどうでしょうか。え〜私なんかの絵が?ってそう思うかもしれません。でも相手が良いというならそれは価値あるもの。お金ももらってもいい。個人的な意味や価値はまた別に持っていてもいいんです。

知識を得たり新しいツールに挑戦していくことも、絵を描くのが好きなんだったらきっとできます。さあ、絵を描こう!わたしも描いていきます。

 

ちょっと話はそれますが。

アート思考の方が絵を売り物にするのを嫌がる気持ちはわかる気がします。

自分の大切な絵を安売りしたくない!好き勝手に使われたくない!相手の要望で描くなんてありえない!描きたいものを描きたい!

そうです。そうなんです。それでも良いと思います。そういった感覚を持っている人だからこそ絵を描いているんです。立ち回りが上手くて、社交的でって、そんな人は絵を描かなくても楽しいことはいっぱいあるじゃないかと思います。わたしは社交的でないし、自分の世界があり、だからこそ絵を描いてきました。絵を描く事は大切な事で、安売りしたくありませんでした。

でも、フィールドを変えるとまた違う喜びもみつかるかもしれません。デザインの仕事というフィールドに立ったからこそ、最近ブログを始めたからこそ、気づいたことでもあります。