ナマケモノの日々

ズボラな主婦の楽する暮らし

はじめてデザインを依頼する時のコツ。制作先の選び方

f:id:na-make:20180409160304j:plain

はじめてデザインを依頼する時、スムーズに話を進めるために必要なことシリーズ第二弾です。どこに依頼するのか、制作先の選び方についてです。

 

どこで作ってもらおう!?

いったいどこに依頼していいのかわからない、どこに依頼するのかって結構重要な問題です。だいたいのイメージはあって、予算も決まって、でもどこに依頼すれば良い仕上がり、イメージ通りの仕上がりになるのか…さっぱり。

イメージ通りに作ってくれるところ、なかなかイメージが伝わらないところ、はたまた思っていたよりずっと良いデザインを出してくれるところ。制作先の得意不得意を理解せずに依頼すると不本意な仕上がりになる可能性もありますので依頼する側の求めるデザインにマッチする制作先に依頼することが大切だと思います。

 

デザイン事務所・広告代理店・個人デザイナー・印刷業者

インターネットでの依頼がスタンダードでなかった10数年前までは、お住まいの近隣にあるデザイン事務所や広告代理店、印刷業者が依頼先のメインでした。現在に比べ、業者の選択肢も多くはなかったので、当たりはずれの幅も狭かったのかなと思います。

 

しかし今やインターネット戦国時代!

現在では、県外の業者や個人にも気軽に依頼できるようになりました。クラウドソーシングもでき、上手く使えば安価でデザイン性の高い仕上がりも可能に。その反面ソフトや機材も手軽に手に入る様になり、誰でもデザイナーを名乗れる時代です。

 

デザイン事務所(会社規模)や広告代理店に依頼すると良い場合

大きな事業を展開する場合は、経験も豊富で様々な視点でのアドバイスも貰えるデザイン事務所や広告代理店が良いと思います。web、テレビ、新聞広告、折り込みチラシなど、トータルで依頼できますが費用も高額になる為、ある程度広告の知識がありその事業への本気度が高い方におすすめします。

 

フリーランスに依頼すると良い場合

個人で事業を始める方や、これまで印刷業者で作っていたデザインになんとなく納得できない。もう少しデザイン性が高い物がいいな。と思う方は、フリーランスデザイナーがおすすめです。フリーランスで活動しているデザイナーはフリーランスでやっていけるだけの実力があるということだと思います。経費の面で従業員分を支払う必要がない為、会社規模の業者よりは安価になります。ただし、フリーランス駆け出しでは少し不安があるため、フリーランスで5年以上の経験が目安です。デザイン性や、得意分野もありますので事前に確認すると良いですね。

 

印刷業者に依頼すると良い場合

あまりデザイン性は求めず、注文した内容を忠実に制作してもらいたい場合は印刷業者がおすすめです。ネット通販の印刷業者なら印刷とセットでデザインが安価で依頼できます。ワードやエクセルで作ったデータがある場合などはかなりいいんじゃないでしょうか。その反面、原稿制作については依頼者側でしなければなりません。キャッチコピーの提案や、原稿を編集することなどは期待できません。また、イラスト等はフリー素材を使う場合が多いため、オリジナリティについては弱いです。

 

 

クラウドソーシングに依頼すると良い場合

複数案を見て決めたい。安価に依頼したい!という方にはクラウドソーシングがおすすめです。クラウドソーシングするデザイナーの中には、専門学校に通う学生さんや、会社に勤めつつお小遣い稼ぎにという方まで幅広い経験値の方がいます。その中で自分に合うデザイナーを選べる!というのが一番のメリットです。ただし気に入ったデザイナーがいても、個人的なやりとりを禁止しているサイトもあります。展開をする場合直接取引ができないというデメリットや、サイトに支払うマージンもあるため一概にお得でない場合もあります。

 

とにかく安く!タダで!という場合はフリー素材を駆使して自分で作る方法もありますよ。

raksul.com

 

以前に書いた予算についての記事もよろしくお願いします〜

 

na-make.hatenablog.com

 

 

にほんブログ村 デザインブログ 広告デザインへ
にほんブログ村