ナマケモノの日々

ズボラな主婦の楽する暮らし

【漂白剤で切り花が長持ち】ずぼらでも季節の生花を楽しめる方法

f:id:na-make:20180404220258j:plain

ずぼらです。めんどくさがりで、ルーティーンをこなせません。

それでも毎日がちょっと良くなるように、自分もちょっとは人間に近付けるように新しい事にチャレンジしています。

 

季節の花をさりげなく部屋に飾りたい。

季節の花や植物を部屋に飾ることが長年の憧れでした。

しかし、毎日水を変えることが出来ずすぐに枯らせてしまいます。

素敵な鉢植えを買っても、水やりを忘れないのは初めのうちだけ。

一週間後には、2日に一回になり、週一回になり、間隔が開くとますます忘れてしまいます。

そしてしばらく水やりを忘れた罪悪感を水に流そうと、急にたっぷりの水を注いでしまいます。

その結果、キノコが生えてきたり、カビが付いたりして枯らせてしまう。何度ごめんなさいしたかわかりません。

 

子どもが花をお土産にくれるから。

散歩や公園に行くと、子どもたちはいつも花を摘んでプレゼントしてくれます。

その花を気軽に飾りたい!そんな思いから花瓶を買い、そこからまた花を飾ってみたい欲がフツフツと。

花瓶は小さなモノを選びました。 そして勇気を出して花屋さんに行きました。

 

切り花には水を。そして少しの漂白剤を。

これまでなら聞くのは恥ずかしい為、かっこつけてアレンジされたブーケを買ったりするのですが、勇気を出してスタッフさんに話しかけてみました。

花瓶の大きさを伝え、欲しい花のイメージを伝え…さらにずぼらな性格である事も話しました。

すると、教えてもらっちゃったんです。

裏ワザを。いや、もしかして皆さんすでに知っているような事なのかもしれませんが…

 

漂白剤投入。


水の量にもよりますが、小さじ一杯程度。

花かわいそうっておもいますよね。え、いいの?って思いました。

でもやりました。そしたら水が腐らず、花も枝も長持ち!

おかげでクリスマスからお正月には南天、春には桃の枝を飾ったりと素敵っぽい気分に浸ることができました。

素晴らしくずぼら向き!

五日いけるって言われましたがそこまで空けるともう存在自体忘れてしまうので二日三日で交換しています。