ナマケモノの日々

ズボラな主婦の楽する暮らし

プラスチックボックスの収納ちょっと待て。

f:id:na-make:20180331205929j:plain

流行ってますよね。プラスチック製のボックス収納。たくさん揃えて整然と見た目にもすっきり、ジャンルに分けて収納でき使い勝手もいいんです。

これから新生活を迎える方々もいると思います。プラスチックのボックスに収納するのはいいけど、困ったことがあったのでご紹介。

プラスチック製のボックスを大量に購入する前に

無印良品ダイソーとかにある、透明のボックス。ダイソーで言うところのポリプロピレンメイクボックスって名前のやつね。これが便利で便利で。沢山買って、子どものおもちゃを分類したり、キッチンやサニタリーやらいろんな場所でもうなんでもかんでも入れていました。家には20個以上あったと思います。もっと沢山お持ちの方もいるんじゃないでしょうか。

このボックスに限らず。プラスチック製のボックスを大量に購入する際にはちょっと頭の片隅に入れといてほしいことがひとつ。

 

引っ越しする時かなり嵩張った。

引っ越しの時はダンボールに詰めることがほとんどだと思います。このボックス、ダンボールのサイズに微妙に合わないんです。隙間だらけで、無駄にダンボールを消費。中身だけよりかなり嵩張ります。積み重ねはできても、入れ子構造ではない為、ただ重なっていきます。そのまま中身を入れて運ぶにしてもそれには小さすぎる。ダンボールが増えるということは輸送コストがかかるということです。だれかシンデレラフィットする方法があれば教えて!!

じゃあ捨てちゃえば? 

そう思われた方もいるかもしれません。でもね、

 

捨てる時も当然かさばります。

まあ、安いものなので捨ててもいいのかもしれませんが、こういったデメリットもあるよ!と。家具の中に入れてそのまま運べる場合は大丈夫だと思いますが、備え付け収納用に購入する場合などは要注意。わたしも、今度からよく考えて買います。

こうしてみると、入れ子構造ってかなりよくできているなあと思います。

収納、おかたづけ、マトリョーシカ