ナマケモノの日々

ズボラな主婦の楽する暮らし

【家計簿を簡単に付けられる方法】ズボラでも仕組みを変えたら家計簿が続いた

f:id:na-make:20180329144826j:plain

はー、家計簿付けるのめんどくせー 

 いつもそう思っていました。

でも家計簿を付けたい!家計を把握していたい!

その思いは本当です。本当に本当に本当なんです。

でもたった一週間でも、家計簿を毎日付けることはできませんでした。

これって、やせたい!でも美味しい物を食べたい!と似ていますね。

 

家計簿を付けるためにレシートを残しておくため、財布の中はいつもレシートの山。

明日やろう明日やろう…がめんどくさくなってしまい、たまったレシートをそのまま封筒に押し込めました。

ええ、一年間も。

 

そこで、今年に入って仕組みを変えました。

 とにかく、数字が苦手なわたし。

けれども家計を把握する為には集計する必要があります。

そこで家計簿ソフトの購入を検討しました。

 

ですが…Macユーザーだった事もありお目当てのソフトが使えません。

そのためにWinを買うのもおかしな話。

そこで家計簿のオンラインアプリを使用することに決めました。

 

ジャーン!

zaim.net

 

記帳は仕事前と仕事終わりの空き時間にすることに。

朝もぎりぎり、夜もぎりぎりだと、家計簿を付ける時間を確保するのが難しい。なので、仕事中にすることにしました。フリーランスの特権です。

するとなんということでしょう。

これまでレシートだらけだったお財布は、ぺたんこに。

力が有り余って、仕事の経費のレシートをノートに貼る余裕まで出来てしまいました。

 

現在3ヶ月、一枚も取り残すこと無くレシートの記帳に成功しています。

なんなら、たまにレシート無しの買い物をしてもスマホでチャチャチャと記帳しちゃえます。

まるで真人間!あこがれのチャンとした族の仲間入りです。

 

めんどくさいことこそ、習慣になる秘訣。

どんな人でも必ず習慣になっている事があると思います。

いや、どんなにずぼらでも、朝起きる。とか。ごはん食べる。とか。あるでしょ。その中に組み込んでしまうといいんじゃないかと思います。

わたしの場合は、仕事。平日は毎日パソコンを開きます。そのついでにすれば良いってやっと気づきました。

パソコン作業はお手の物です。わざわざ苦手な電卓で、計算しなくてもいいんですよね。わざわざ家計簿買わなくていいんです。

好きなこと、得意なことの隙間に入れてやってみよう!そう思いました。

 

じゃあ、食べたい!でも痩せたい!の場合はどうするのかって?

今計画していることがあるんです。

これも日常組み込み式です。

わざわざジムに行かない。

なぜならジムに行くのがめんどくさくなるから。

わざわざダイエットマシンを買わない。

なぜなら続かないから。(巻くだけのアレも続きませんでした。)

引き続き実験してみます。